給料出ても必要な支払い後にほとんどお金が残らない

お金がなくて困っていること悩んでいるという状態は「まさに今」です。だって、必要なお金を支払ったら、もう残金がほとんどないんですよ!しかも給料日まではまだまだ先です。というか、給料日がついこの間だったと言った方がいいでしょうか。

 

しかしクレジットカードの支払い、公共料金の引き落とし、その他職場やマンションのリフォーム費用の積立金など、もろもろ必要な支払いを済ませていったら、ほとんど残金が残っていないのです。

 

わが家は給料から必要なお金を差し引いた残りの金額を「食費」にあてているのですが、このほとんどないお金のなかで食費をやりくりするって…と、現在絶望しています。

 

いや、これで一人暮らしだというのでしたら、毎日おかゆ食べてなんとかなっていたりするのです。けれど、現在は小学生の子持ちの3人ファミリーですからね。食べさせないわけにはいかないのです。かといって、今月は余裕がないのですよね。

 

ただ、わが家はスーパーの支払いをそのスーパー専用のクレジットカードにておこなっていますので、なんとかなるといえばなるのです。しかし、当たり前ですけれど、翌月の支払いにてまたヒーヒー言うことになるのですけれどね。支払える当て(ボーナス)が支給されるのは、これまたまだまだ先のことです。

 

そういった支払いのことを考えていきますと、やっぱり今月はこの少ない残金でなんとかやりくりするのが得策なようにも思えるのですが、しかしガッツリ食べさせられません…。もうヤケに走って、逆に食費を切り詰めずに暴走してしまいそうですよ。